AdobeがAIを利用したカメラアプリ「Photoshop Camera」を配信開始

アプリ・ガジェット

AdobeがAIを利用したカメラアプリ
「Photoshop Camera」を配信開始


Adobeは今月、同社のAI「Adobe Sensei」を活用した、iOS/Android向けに無償利用できるカメラアプリ「Photoshop Camera」の配信を開始しました。

このアプリは被写体を高い精度で認識し、スマホで撮影した画像を、最適な色合いや露出に自動調整してくれます。

リアルタイムで背景などを合成、エフェクト変更してくれるなど、従来のカメラアプリにあるようなフィルター機能などよりも、より高度で芸術的な加工をお手軽にできるのが特徴です。


私もさっそく使ってみました!!

会社ビルの前で炎天下の中、なれない撮り鉄です。

アプリを起動し、カメラを被写体に向けると、下部分に効果が表示されますので、使いたいものをチョイスしてシャッターボタンを押すだけ!

リアルタイムで効果を確認しながら撮影できます。感覚的に効果の変更や色調補正ができるので、確かに簡単お手軽です!!

また、一度加工した画像でも再度編集が可能ですので、やっぱりなんだか少し気に入らない。他の効果も試してみたい。なんて場合でも大丈夫です。

ただし、画像を一度ダウンロードしてしまうと、使用したレンズの効果は固定されてしまうので、その際は注意しましょう。
ダウンロードした画像に、別のレンズを重ね掛けなどしてみても面白い画像になるかもしれませんね。

もちろん、過去に撮影した携帯画像も加工可能です。ぜひぜひ、いろいろと試してみてください。


このレンズと呼ばれるフィルター機能は、アプリ配信開始の時点で数十種類が備っています。
中には、有名アーティストが手掛けたレンズもありますよ!
これからも、かなりのペースで新しいレンズが順次追加されていくそうですので、そちらも楽しみですね。

また、個人でも新しいレンズを作成し申請することも可能です。
Adobeの審査を経たのちに「Photoshop Camera」に追加されるようです。

スマホで簡単に、日常の風景やポートレイトが幻想的にも!アーティスティックにも!!
SNS映えすること請け合いです。

AI「Adobe Sensei」の性能に誰でも気軽に触れることができる、初のアプリ「Photoshop Camera」ぜひ、体験してみてください。

ダウンロード Android版 / iOS版

この記事を書いた人

山 本 一 聖 アド・セイル 顧客開発部 ディレクター
明日のための豆知識:
一日限定で使用されるGoogleのホリデーロゴは倉庫(こちら)にアーカイブされている。

関連記事一覧