私たちが目指すもの

  • HOME
  • メッセージ

愛とテクノロジー

『それは本当に人を行動に至らせるのか?』『それは誰かにとって新しい価値となり得るのか?』という問いと常に向き合い、愚直に成果を求めていくこと。

我々は単なるツールやテクノロジーの提供ではなく、企業にとってマーケティングプロセス全体の手法と評価をデジタルの視点で読み解いていくための伴走者で在りたいと考えています。

お客様と同じ想いを抱え、一緒に悩み、一緒に汗をかいていく”愛”と、それを実現するための“テクノロジー”。二つを両手に抱え、今、デジタルの大海に挑んでいきます。

 

マーケティングのプロセスがデジタル化する

『デジタルマーケティング』という言葉は、今や企業の中で不通に流通する言葉となってきました。従来の手法に加えてデジタルマーケティングにも手を付けていく、という意味だけではなく企業はマーケティングのプロセス全体のデジタル化に取り組まねばならない時代となってきました。

企業の顧客である個人や企業の情報接触、購買、意思決定のチャネルの全てがデジタルに移行している今『あるサービスが自社に適したものかどうか、すぐに知りたい。』『今、この場でこれを買いたい。』といったユーザーの欲求は留まることは無くまた、営業活動から成約、納品までの社内プロセスの省力化、見える化といった企業内部での課題までマーケティングプロセスのデジタル化デジタル化への取り組みは、企業にとって必然となっています。

 

全ての企業に気づきとチャンスを

一方、企業規模や地域性によって情報格差、人材やコスト面の課題があり、全ての企業がマーケティングのデジタル化に取り組めているわけではないことも事実です。

『何が必要なのかわからないので何もできない。』『確信を持てないまま、一度始めたやり方をそのまま続けている。』といった企業は未だ多く、課題を抱える企業に対して気づきとチャンスを提供する役割が、今本当に必要とされていると感じます。