チラシやDM、メルマガなどからのWebへの流入・効果測定

Eコマース, Google情報, SNS, Web広告

チラシやDM、メルマガなどからのWebページへの流入・効果測定

みなさまの既存顧客にお送りするDM、メルマガや、世間に広く告知するための新聞広告・チラシ。
費用対効果の測定が掴みにくいと思っていませんか?

実は、チラシ、DMなどの広告でも、その効果が把握・測定できる方法があります。

新聞広告やチラシ、DMなどの紙媒体に、自社のホームページ等へ誘導するためのQRコードを表記することが多いのですが、このQRコードからWebサイトへの流入をGoogleアナリティクスなどで計測することが可能です。

このQRコード、今では電子決済などや情報伝達に、世界各国で利用・使用されていますが、こQRコードを生み出したのは日本の企業なんです。
しかし、幅広く誰もが利用できるようにと、この技術の特許をとることなくオープンソースとして公開しました。

そのおかげもあり、QRコードはいとも簡単に生成、取得出来ちゃいます。
例えば、こちらのQRコード作成サイトなどを利用し、試しにQRコードを作ってみましょう!
*参考URL:アド・セイル株式会社 https://www.ad-sail.jp/ 


できました!
しかし、
ただ単に、訴求したいWebページのURLをQRコードに生成しただけでは、チラシから来たのか?
検索から来たのか?はたまた?
どのチャネルからWebページにやってきたのかを測定し、把握することはできません。

では、どうやって?
測定するの?その方法は??

それは、URLパラメータというものを設定し、URLに付与することで測定が可能となります。 
いまやWeb解析ツールのスタンダードと言っても過言では無いGoogleアナリティクス。
URLの末尾にパラメータを付与するだけで、広告やSNS、メルマガなどからの流入を、チャネルごとに無料で解析できる非常に便利なプロダクトです。

GoogleアナリティクスのURLパラメータの種類

utm_source参照元検索エンジンやサイト名などの参照元の識別。
utm_mediumメディア有料検索広告やメルマガなど、流入メディアを指定。
utm_campaignキャンペーン商品やサービスのキャンペーンやプロモーション名などを指定。
utm_termキーワード有料検索広告のキーワードごとの流入経路の特定に使用。
utm_content広告内コンテンツ広告のA/Bテスト、メルマガやWebコンテンツ内の、どのリンクからの流入かを特定するために指定。

パラメータの値は任意の文字列で指定可能ですが、公式ヘルプでは上記表の上から3つのパラメータは必須とされています。

生成ツールなどもありますので、ぜひ便利にご活用ください。
では、早速パラメータを付与してみましょう!

必要な項目を任意で入力し、送信ボタンを押すと次のようなURLが生成されます。
https://www.ad-sail.jp/?utm_source=flyer&utm_medium=dmail&
utm_campaign=20200701

そして、こちらのURLからQRコードを生成…

あらま!
これはパラメータを加えたことによりURLが長くなってしまい、ORコードも複雑になってしまったー!!

QRコードの「QR」とは”Quick Response ”の略。
つまり、速く読み取ることを目的の一つとしています。
複雑なコードだと、読み取り時間や、読み間違い、読み取れない等の不備が出てくる場合があるかもしれません。

そこで!

☆URLを短くしてみよう!!のコーナー☆
長いURLは、複雑なQRコードになってしまうので、「Google URL Shortener」でURLを短縮します。
と、以前はしていたのですが、すでにサービスが終了してしまいました。
現在は上記と並び知名度の高い、URLの短縮に特化した「Bitly」が多く利用されています。

*その他短縮URLサイト*
bit.do :短縮後URLの文字列を自由に決められる。ORコード自動生成。
FDL :Google推奨だが、開発者向けなのでハードルが高め。
Ow.ly :「Hootsuite」のアカウントを作成し、ログインする必要あり。

今回は、短縮後の文字列を変更できる「bit.do」を使ってみました。


そして短縮されたURLがこちら
http://bit.do/ad-sail-jp
このURLからQRコード生成してみましょう。

じゃん!

なんということでしょう!こんなにもスッキリしました。

さて、それではそれぞれを比べてみてみましょう。

なんなら、元のURLよりもスッキリしている気さえしますね。(気のせい?)

あとは、QRコードを読み取りアクセスしてみて、Googleアナリティクスでの測定結果を見ていきましょう。
「集客」→「キャンペーン」→「参照元(今回はflyer)」や「メディア(今回はdmail)」などから詳細を見ることができます。

パラメータを設定したURLからのアクセスがあったことが確認できますね。

例えば、パラメータを変えることにより、どのチラシからお問い合わせがあったとか、どのリンクから流入があったとか、メルマガからの購買があったなど、キャンペーンごとでの測定が可能になります。もちろん、あらかじめにコンバージョンの設定は応じて必要になります。

また、Sansanという名刺管理ツールなどでは、メルマガのリンクに個別の名刺IDを差し込むことで、個々人の動向を測定することも可能です。
リンクをクリックした人は、そのコンテンツに興味があるのかな?
クリックしなかった人はそんなに興味がないのかな?
などの情報を得ることが出来ると、そこから様々な施策に展開、活用ができそうですね。

いかがでしたでしょうか。
Googleアナリティクスの設定や解析など、ご相談やお困り事ががございましたら、ぜひお気軽にお声かけ下さい。

追記≫
Apple社が独自のなんだかオシャレなQRコードを開発しているようですね。

今後、AR(拡張現実)アプリでの活用が噂されていますが、楽しみですね。

<参考記事>Wccftech , Svetapple.sk

この記事を書いた人

山 本 一 聖 アド・セイル 顧客開発部 ディレクター
*明日のための豆知識*
切手を貼る糊をなめると約2キロカロリー摂取できる。

関連記事一覧